PR
スポンサーリンク

「脳外科医 竹田くん」とは?数々の医療事故が実話なの!?

記事内に広告が含まれています。

『脳外科医 竹田くん』は、2023年1月から「はてなブログ」で連載されている医療系ホラー漫画です。

この漫画は、架空の地方都市「赤池市」にある市民病院を舞台に、未熟な手術技術による医療事故を繰り返す脳神経外科医・竹田くんの物語です。

竹田くんの上司である古荒医師との関係や病院内の混乱がリアルに描かれ、読者からはそのリアルさに驚かれることが多いですよね。

 

スポンサーリンク

『脳外科医 竹田くん』の概要

『脳外科医 竹田くん』は、赤池市民病院に勤務する竹田くんという脳神経外科医が主人公です。

彼の未熟な手術技術が原因で多くの医療事故が発生し、病院内外で大きな問題となります。

竹田くんの上司である古荒医師も、彼のミスに翻弄され続けます。

病院の内部や外部からの圧力が描かれ、医療現場の現実を垣間見ることができますね。

竹田くんのキャラクター

竹田くんは、脳神経外科医としての経験が浅く、その未熟な手術技術が多くの問題を引き起こします。

彼は情熱的で一生懸命に仕事に取り組みますが、その結果として患者に深刻な影響を与えることが多いです。

また、竹田くんは自身のミスを認めず、他の医師や病院職員に責任を押し付けることがよくありますね。

このような態度が、病院内での信頼を失い、さらなる混乱を招く原因となります。

竹田くんのキャラクターは、多くの読者に強い印象を与え、その行動に対して様々な意見が飛び交います。

彼の複雑な性格と行動が、物語をより深く、そしてリアルに描き出していますよ。

古荒医師との関係

古荒医師は、竹田くんの上司であり、彼の教育を担当しています。

古荒医師はベテランの脳外科医であり、竹田くんのミスに対して寛大な態度を取ることが多いです。

しかし、竹田くんの度重なるミスにより、古荒医師自身も批判の対象となります。

古荒医師は竹田くんの成長を期待しているものの、その期待が裏切られることが多く、次第に彼の指導に限界を感じるようになりますね。

この関係は、物語の中で緊張感を生み出し、読者に対して深い考察を促します。

古荒医師と竹田くんの関係は、医療現場のリアルな側面を反映しており、多くの共感を呼びますよ。

医療事故の描写

『脳外科医 竹田くん』の物語では、多くの医療事故が詳細に描かれています。

これらの事故は、竹田くんの未熟な手術技術や判断ミスによって引き起こされます。

例えば、脳腫瘍摘出手術でのミスにより、患者に重篤な後遺症が残るケースがあります。

また、脊髄手術での重大なミスにより、患者が一生涯にわたる障害を負うこともあります。

これらの描写は、医療現場で実際に起こり得る問題をリアルに反映しており、読者に対して強い衝撃を与えますね。

医療事故の詳細な描写が、物語の緊張感と現実味を高めていますよ。

『脳外科医 竹田くん』が”ほぼ実話”って本当?

『脳外科医 竹田くん』は、2023年に連載が始まった医療系ホラー漫画です。この漫画が描く物語は、驚くほどリアルで、実際の医療現場の出来事に基づいているのではないかと多くの読者から推測されていますね。物語の中で描かれる医療事故や手術の失敗は、関係者しか知らないような詳細な情報が含まれていることから、ほぼ実話ではないかと言われています。

特に、赤池市民病院という架空の病院が舞台ですが、この病院のモデルとなったのは兵庫県の赤穂市民病院だと言われています。この病院でも過去に多くの医療事故が起こっており、それらの事件が漫画のエピソードに反映されているとのことです。

漫画の作者については明らかにされておらず、製作委員会がクレジットされていますが、現役の医師や関係者が制作に協力しているのではないかと噂されています。そのため、漫画の内容は非常にリアルであり、読者からの信頼性も高いです。

では、実際にどのような点が実話と関連しているのでしょうか。以下で詳しく見ていきましょうね。

赤穂市民病院のモデル

『脳外科医 竹田くん』の舞台となる赤池市民病院は、兵庫県にある赤穂市民病院がモデルと言われています。この病院では、過去に数々の医療事故が発生し、その詳細がインターネット上で拡散されました。漫画に描かれる手術ミスや患者の後遺症などは、実際の事件を基にしていると考えられていますよ。

赤穂市民病院の事件では、未熟な医師による手術ミスが多発し、多くの患者が深刻な後遺症を負ったり、死亡したりしました。これらの事件が漫画のエピソードに反映されているため、読者はそのリアリティに驚かされることが多いです。

また、病院の内部の混乱や、医師同士の確執なども詳細に描かれており、現実の医療現場で起こりうる問題をリアルに反映していますね。

 

赤穂市民病院の脳外科医療事故の記者会見映像

ほんとに実話なのかと検索していたら記者会見映像がありました。

1年前ということですが、全然知りませんでした。

竹田くんのモデルとなった医師は有力者の関係者であり、色々と便宜が図られているから大事にならずに再就職ができているという噂までありますね。

 

 

 

漫画のリアリティ

『脳外科医 竹田くん』が描く医療事故や手術の失敗は、非常に詳細で現実味があります。例えば、神経を誤って切断してしまったり、手術中に重大なミスを犯して患者が後遺症を負うシーンなどは、関係者でなければ知り得ないような情報が含まれています。そのため、実際の医療現場で働く医師や看護師からも高く評価されています。

漫画の中では、手術室の緊張感や医師の葛藤、患者の苦しみなどがリアルに描かれており、読者はまるで現実の医療現場にいるかのような感覚を味わいます。これは、作者が医療関係者であるか、もしくは関係者から詳細な情報を得ているためだと考えられます。

また、漫画の中で登場する医療機器や手術手技も非常に詳細に描かれており、医療に詳しくない読者でも理解しやすいように工夫されています。

実話との関連性

『脳外科医 竹田くん』が実話に基づいていると言われる理由の一つは、その詳細な描写です。漫画に登場するエピソードやキャラクターの背景には、実際の医療事故や事件が反映されているとされています。例えば、竹田くんの未熟な手術技術や、病院内でのトラブルは、実際に起こった事件をモデルにしていると考えられます。

また、漫画の中で描かれる医療事故の報告書や、学会からの追及などは、実際の医療現場で起こりうる問題をリアルに反映しています。これらの点から、『脳外科医 竹田くん』はほぼ実話に基づいていると推測されるのです。

さらに、インターネット上では、漫画のモデルとなった病院や医師に関する情報が拡散されており、これも漫画のリアリティを高める要因となっています。

 

実際に医療事故が起きた事例について投稿されている人もいましたよ。

 

 

『脳外科医 竹田くん』のモデルの医師が書類送検?

医療界を震撼させた漫画『脳外科医 竹田くん』のモデルとなった医師が、再び注目を浴びています。この医師は、過去に複数の医療事故を引き起こし、その後も別の病院で問題を続けていました。最近、この医師が書類送検されたとの報道があり、多くの関心を集めていますね。

この医師は、兵庫県の赤穂市民病院で勤務していた際、重大な医療ミスを繰り返していました。これにより、患者に深刻な後遺症や死亡事故が発生し、医療界で大きな波紋を呼びました。その後、大阪府内の病院に転職しましたが、問題は解決されず、再び患者に危険が及ぶ事態となっています。

報道によると、この医師は最新の勤務先である吹田徳洲会病院でも、不適切な診療を続けており、内部告発が相次いでいます。病院のスタッフは、医師のデタラメな診療に対して決死の告発を行い、事態の改善を求めていますね。

現在、この医師は業務上過失致死の疑いで書類送検されています。これにより、医療現場での安全性や患者の権利が再び注目されています。医療事故の被害者やその家族は、医師の責任を追及し、再発防止に向けた取り組みを強く求めています。

医療事故の背景と影響

『脳外科医 竹田くん』のモデルとなった医師は、2019年から2020年にかけて赤穂市民病院で8件の重大な医療事故を起こしました。この期間中、脳腫瘍摘出手術や脊髄手術などで患者に深刻な後遺症を与え、時には死亡させることもありました。

これらの事故は、医師の技術不足や判断ミスが原因とされていますが、病院の管理体制にも問題があったと指摘されています。医療事故が続発したことにより、病院の信頼性は大きく損なわれ、地域社会に深刻な影響を及ぼしましたね。

その後、医師は大阪府の吹田徳洲会病院に転職しましたが、再び医療ミスを繰り返しています。この病院では、医師のデタラメな診療が続き、患者に対する危険が増しています。内部告発によって問題が明るみに出ましたが、依然として多くの課題が残されています。

内部告発の内容と反応

吹田徳洲会病院のスタッフによる内部告発では、医師の不適切な診療行為が詳細に報告されています。例えば、縫合処置中に補助スタッフの指に針を刺すなどの行為があり、病院内の安全管理が問われています。

内部告発は、医療現場の改善を求める声として注目を集めています。病院の幹部は、医師の行動について厳重な調査を行うことを約束しましたが、現場の医療スタッフや患者家族からは、より具体的な対策が求められていますね。

また、内部告発が公になることで、病院の信頼性が一層低下し、地域社会に不安が広がっています。医療事故の再発防止に向けた取り組みが急務とされています。

法的措置と今後の展望

今回の書類送検は、医療界における重大な出来事として注目されています。医師が業務上過失致死の疑いで書類送検されたことにより、医療現場での安全性や責任が改めて問われることとなりました。

今後の法的措置の行方は、医療界全体に影響を与える可能性があります。患者の権利保護や医療の安全性確保に向けた取り組みが進む中で、医師の責任を明確にすることが重要です。

また、この事態を受けて、医療機関は内部監査の強化や教育体制の見直しを行うことが求められています。医療従事者の技術向上や倫理教育が進むことで、再発防止に繋がることが期待されていますね。

 

参考:【連続スクープ】『脳外科医 竹田くん』モデルの医師がついに「書類送検」された…渦中のA医師が直撃取材で語ったこと(週刊現代) | マネー現代 | 講談社 (gendai.media)

 

主要なキャラクター

この漫画には、竹田くん以外にも多くのキャラクターが登場します。

古荒医師は竹田くんの上司でありながら、彼のミスに対して甘い態度を取ることが多いです。

他にも病院の院長、副院長、看護師、臨床工学技士など、さまざまな職員が登場し、それぞれが竹田くんの行動に巻き込まれていきます。

それぞれのキャラクターは、物語に深みを与える重要な役割を果たしていますね。

古荒医師

古荒医師は、竹田くんの上司であり、赤池市民病院の脳外科長です。

彼はベテランの脳外科医でありながら、竹田くんの指導において甘い態度を取ることが多いですよ。

当初は竹田くんを教育することに使命感を持っていましたが、彼のミスを許容することで、病院内での信頼を失う結果となってしまいます。

古荒医師のキャラクターは、竹田くんの行動が病院全体に与える影響を象徴していますね。

彼の優柔不断な性格が、物語の緊張感を高める一因となっています。

そのため、古荒医師の存在は、物語の展開において非常に重要な役割を果たしています。

院長と副院長

院長と副院長も、物語の重要なキャラクターです。

院長は病院全体の管理を行い、竹田くんの医療事故に対する対応に苦心しています。

副院長は医療安全推進室長を兼務しており、竹田くんの事故報告書の虚偽性を見抜く役割を果たします。

彼らは病院の信頼を守るために奮闘しますが、竹田くんの問題が次々と発覚し、困難な状況に直面しますね。

院長と副院長のキャラクターは、病院経営の現実的な課題を描くための重要な存在です。

彼らの対応が、物語の緊張感を一層高める要素となっています。

看護師と技術職員

看護師や臨床工学技士も、多く登場します。

彼らは竹田くんの手術に協力し、時には彼のミスをカバーする役割を担います。

看護師長や医療秘書、臨床工学技士長など、具体的な職務を持つキャラクターが登場し、病院内の多様な役割を示していますね。

彼らの存在は、病院の内部構造や職員間の協力関係を描くために欠かせません。

また、彼らの視点から見た竹田くんの行動が、物語にリアリティを与えています。

看護師や技術職員のキャラクターは、読者にとって共感しやすい存在です。

漫画の中の医療事故の詳細

竹田くんが引き起こす医療事故は多岐にわたります。

例えば、脳腫瘍の摘出手術で後遺症が残ったり、脊髄手術で重大なミスが発生したりと、読者はその度に緊張感を持って読み進めることになります。

これらのエピソードは、実際の医療現場でも起こり得る問題を反映しており、リアルな描写が特徴です。

読者は竹田くんの行動による結果に驚愕し、その後の展開に引き込まれていきます。

これらの事故は、医療現場の厳しさや危険性を強調する要素となっていますね。

脳腫瘍摘出手術

竹田くんの最も衝撃的な医療事故の一つに、脳腫瘍の摘出手術が挙げられます。

この手術では、腫瘍の大部分を摘出することに成功しましたが、一部が残ってしまい、患者に重大な後遺症が残りました。

手術の失敗により、患者は言語障害や運動機能の低下など、日常生活に支障をきたすことになります。

このエピソードは、医療事故が患者の人生に与える深刻な影響を描いており、読者に強い印象を与えますね。

竹田くんのミスがどのようにして発生したのか、手術中の緊張感や医療スタッフの反応がリアルに描かれています。

この手術の失敗は、物語の展開において重要な転機となります。

脊髄手術の失敗

竹田くんの脊髄手術のエピソードも、非常に衝撃的です。

この手術では、脊髄の一部を損傷してしまい、患者は四肢麻痺となってしまいます。

手術の失敗は、竹田くんの技術不足や準備不足が原因であり、患者やその家族にとって大きな悲劇となります。

脊髄手術の失敗は、竹田くんの未熟さを強調するエピソードであり、物語の緊張感を一層高める要素となっています。

この手術の描写は、医療現場の厳しさや危険性をリアルに伝えるものであり、読者に強いインパクトを与えますね。

竹田くんの行動が、どのようにして患者に影響を与えるのかを描いた重要なエピソードです。

その他の医療事故

竹田くんが引き起こすその他の医療事故も、多岐にわたります。

例えば、カテーテル手術でのミスや、誤った診断による不必要な手術などがあります。

これらのエピソードは、医療事故がどのようにして発生するのか、またその結果がどれほど深刻であるかを描いています。

読者は竹田くんの行動に対して驚愕し、その後の展開に引き込まれていきます。

これらの医療事故は、物語の緊張感を高める重要な要素であり、読者に強い印象を与えますね。

医療現場の厳しさや危険性を強調するエピソードとして、物語の中で重要な役割を果たしています。

 

 

これらの事故がほぼ実話だという話も出てきています。

作者はこの医師を告発するために内部ではどうにもならないことから漫画として公にしたのかもしれませんね。

『脳外科医 竹田くん』の内容がほぼ実話だとしたら恐ろしい

『脳外科医 竹田くん』は医療系ホラー漫画として、多くの読者に衝撃を与えていますね。

この漫画の内容がほぼ実話だとしたら、その恐ろしさは計り知れません。

実際に存在する医療事故をモデルにしているとされ、そのリアルさが一層恐怖を引き立てますよ。

ここでは、この漫画がどのようにして現実の医療現場を描いているのか、その背景について詳しく見ていきましょうね。

医療事故の再現度

『脳外科医 竹田くん』に描かれる医療事故は、実際に起こりうるものばかりです。

手術中のミスや、その後の患者の状態悪化、さらには病院内での対応などが非常にリアルに描かれています。

例えば、脳腫瘍摘出手術の失敗による後遺症や、誤診による手術の必要性がない患者への不必要な手術などが挙げられます。

これらの描写は、現実の医療現場での問題を浮き彫りにし、読者に医療の危うさを強く印象付けますね。

また、医療関係者からも「まるで現場を知っている人が描いたかのようだ」と評価されることが多く、そのリアルさが際立っています。

実話ベースの裏付け

この漫画の内容が実話をベースにしているという裏付けは多くありますよ。

作者は公表されていませんが、現役の医師や病院関係者が制作に協力していると噂されています。

実際に、赤穂市民病院で起こった医療事故がモデルになっているとの報道もあります。

そのため、漫画に登場するキャラクターや病院名は実在するものから取られている可能性が高いです。

インターネット上では、この漫画に描かれた事故と実際の事故の類似点が指摘され、多くの議論を呼んでいます。

読者の反応

読者からは、この漫画のリアルさに対する驚きと恐怖の声が多く寄せられています。

特に医療関係者からは、その詳細な描写に対する評価が高いです。

「まるで現場を知っている人が描いたかのようだ」という声や、「実話ベースの話だとしたら恐ろしい」という意見が多く見受けられます。

また、一般の読者からも「怖すぎて読んでいられない」という感想があり、医療の現実を知るきっかけになっているようです。

ネット上での議論も活発で、漫画の内容が実際の医療現場にどれだけ忠実かについて様々な意見が飛び交っています。

医療現場への影響

『脳外科医 竹田くん』は、医療現場にも影響を与えています。

この漫画を通じて、医療事故の恐ろしさや、医師のミスがどれだけ重大な結果を招くかが広く認識されるようになりました。

また、病院側もこの漫画を通じて、自らの業務に対する反省や改善の必要性を再認識する機会となっています。

読者が医療に対する理解を深め、医療機関に対する信頼を再構築するための一助となることが期待されていますね。

このように、『脳外科医 竹田くん』は単なるエンターテイメントではなく、医療の現実を伝える重要な作品となっています。

 

まとめ

『脳外科医 竹田くん』がトレンドに上がっており調べてみました。

医療ホラー系の漫画ということでしたが、実在する未熟な医師がいるということに驚きです。

なぜか組織に守られるということで周辺のスタッフもかなり疑問に思っているという内情も週刊誌に掲載されていましたね。

病院としては事実無根と言っているようですが、医療事故があったのも本当ですし、スタッフの告発も本当のようですから・・・。

 

これらの医療事故が本当にこのモデルとなっている医師の知識不足や未熟な技術の所為であるならば、業務上過失致死傷罪が妥当では無いでしょうか?

庇い立てしていた組織の上層部も似たような罪だと思いますが・・・。

とリあえずは、早急に医師免許を取り上げて、二度と医療に携わらない様にしてもらいたいですね。

 

週刊誌の記事は以下にあります。
記事の内容が事実だとしたら・・・サイコパスですね。

【連続スクープ】『脳外科医 竹田くん』モデルの医師がついに「書類送検」された…渦中のA医師が直撃取材で語ったこと(週刊現代) | マネー現代 | 講談社 (gendai.media)

「ひとりずつ院長に呼び出されて…」『脳外科医 竹田くん』モデル医師を告発した、吹田徳洲会病院スタッフの「怒りと絶望」(週刊現代) | マネー現代 | 講談社 (gendai.media)

「指に針を突き刺して…」決死の内部告発!『脳外科医 竹田くん』のモデル医師が吹田徳洲会病院で「デタラメ診療」連発、院内は大混乱(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/5) (gendai.media)

「人として最低限のルールさえ…」なぜ『脳外科医 竹田くん』モデルは医師を続けられるのか? 吹田徳洲会病院の院長が語った「驚愕の言い分」(週刊現代) | 現代ビジネス | 講談社(1/3) (gendai.media)

 

事情通がいることがある5ch掲示板

脳外科医竹田くん書類送検 [389326466] (5ch.net)

【原作更新】脳外科医竹田くん 書類送検 [158879285] (5ch.net)

脳外科医 竹田くんのページ

脳外科医 竹田くん (hatenablog.com)

 

竹田くんだけじゃない!?意外と身近に竹田くんがいるのかも・・・

あだ名は「殺人鬼」手術ミス連発で患者が次々死亡…現役医師が語る「本当にヤバかった事故」「危ない医師の見分け方」(SmartFLASH) – Yahoo!ニュース

スポンサーリンク