PR
スポンサーリンク

ローカルズオンリーはどんな会社?公式ホームページは?

パンタスティック イラスト ニュース
https://news.yahoo.co.jp/articles/f65e57980dfc7161d7d2c2ae8732fbe2577b9d3f?page=1
記事内に広告が含まれています。

ローカルズオンリーは広島県呉市に拠点を置くアパレルショップ運営会社です。最近、経営難により破産申請を行うことが報じられました。この会社はどのような経緯で設立され、どのような事業を展開していたのでしょうか?ここでは、ローカルズオンリーの歴史、事業内容、そして最近の破産に至るまでの経緯について詳しく見ていきますね。

スポンサーリンク

会社の概要と設立経緯

パンタスティック イラスト

https://news.yahoo.co.jp/articles/f65e57980dfc7161d7d2c2ae8732fbe2577b9d3f?page=1

ローカルズオンリーは2007年に設立され、広島県呉市に本社を構えるアパレルショップ運営会社です。

設立当初から地元の若者をターゲットにしたトレンディなファッションアイテムを提供し、地域密着型のビジネスモデルを展開していましたね。

創業者のムラカミジンさんは、他者との交流を大切にし、人々が集まる場を作りたいという思いからこの会社を立ち上げました。

彼のビジョンは、地元の人々だけでなく、訪れる観光客にも地元の魅力を伝えることでした。

セレクトショップ「Local’s only」と「CITY LIGHTS」

ローカルズオンリーは、広島県内で「Local’s only」と「CITY LIGHTS」の2つのセレクトショップを運営していました。

「Local’s only」では、トレンドに敏感な若者向けのファッションアイテムや雑貨を取り扱っており、地域のファッションシーンをリードしていましたね。

「CITY LIGHTS」では、より多様な商品ラインナップを展開し、地元の顧客だけでなく観光客にも人気でした。

これらの店舗は、地元の文化やトレンドを発信する場としても機能していました。

また、セレクトショップという形式を活かし、独自のブランディング戦略を展開していましたよ。

商品選びにこだわりを持ち、顧客に新しい発見や驚きを提供することを重視していました。

飲食店事業への展開

ローカルズオンリーは、アパレルショップだけでなく飲食店事業にも進出しました。

特に、広島市内で展開していたうどん屋は、地元の人々に親しまれていましたね。

飲食店事業では、地域の食材を活かしたメニューを提供し、地元の食文化の発信にも力を入れていました。

このように、ファッションと飲食の両面で地域密着型のビジネスを展開していたことが特徴です。

飲食店の運営においても、アパレル事業と同様に、顧客体験を重視したサービスを提供していました。

また、地元の生産者との連携を強化し、持続可能なビジネスモデルを目指していましたよ。

イベント企画と地域貢献

ローカルズオンリーは、ファッションや飲食店の運営だけでなく、イベント企画にも積極的に取り組んでいました。

特に「パンタスティック!!」というパンのイベントは、全国的に人気を集め、多くの人々を魅了していましたね。

このイベントは、広島市内だけでなく、東京や福岡など全国各地で開催され、多くのパン好きに愛されました。

また、地域のマーケットイベント「アサマチ」や「小鰯祭り」などを通じて、地元の魅力を発信する取り組みも行っていました。

これらのイベントは、地元の人々や観光客にとって、地域の新しい魅力を発見する場となっていました。

ローカルズオンリーは、イベント企画を通じて地域経済の活性化にも貢献していましたよ。

コロナ禍による経営難

しかし、2020年からのコロナ禍により、ローカルズオンリーの経営は厳しい状況に直面しました。

飲食店事業やイベントの中止が相次ぎ、売上が大幅に減少しましたね。

特に「パンタスティック!!」の開催中止は、多くのファンにとって大きなショックでした。

これにより、資金繰りが悪化し、最終的には自己破産申請を行うこととなりました。

2024年5月23日、ローカルズオンリーは事業を停止し、弁護士に事後処理を一任しました。

このような状況でも、ローカルズオンリーが地域に与えた影響とその功績は忘れられません。

展開していた事業内容

ローカルズオンリーは、広島県内で複数のアパレルセレクトショップを運営し、飲食店も経営していました。特に「CITY LIGHTS」というセレクトショップは若者に人気で、感度の高いファッションアイテムを取り扱っていました。その他にもイベント企画やブランディングなど多岐にわたる事業を展開していたんですよ。

アパレルセレクトショップの運営

ローカルズオンリーは、広島県呉市に本拠を置き、主にアパレルセレクトショップを展開していました。中でも「CITY LIGHTS」は若者をターゲットにしたセレクトショップで、最新のトレンドアイテムを取り揃えていました。

このショップでは、国内外の人気ブランドの衣料品やアクセサリーを販売し、トレンディなアイテムを求める若者たちに支持されていました。

また、季節ごとに新作アイテムを投入し、常に最新のファッションを提供することで、顧客の期待に応えていました。

ショップの内装もスタイリッシュで、訪れるだけでファッションの最先端を感じられる空間となっていましたね。

さらに、スタッフもファッションに詳しく、顧客一人ひとりに丁寧なアドバイスを提供していました。

飲食店の経営

ローカルズオンリーは、アパレルショップだけでなく、飲食店の運営も行っていました。特に注目されていたのが、地元の食材を活かしたメニューを提供するうどん屋でした。

このうどん屋では、新鮮な素材を使った手打ちうどんが人気で、多くの常連客が訪れていました。

また、店内は落ち着いた雰囲気で、ゆっくりと食事を楽しめる空間が提供されていました。

さらに、定期的に季節限定メニューを導入し、リピーターを飽きさせない工夫がされていましたね。

店のスタッフもフレンドリーで、温かいおもてなしを提供しており、訪れるたびにほっとするような雰囲気が魅力でした。

イベント企画とブランディング

ローカルズオンリーは、アパレルショップと飲食店の運営に加え、さまざまなイベントの企画・運営も行っていました。中でも注目されていたのが「パンタスティック!!」というパンのイベントです。

「パンタスティック!!」は、全国から人気のパン屋を集め、一度に多くの種類のパンを楽しめるイベントでした。

このイベントは、広島だけでなく東京や福岡などでも開催され、多くのパン愛好者が訪れました。

また、ローカルズオンリーは地域の特産品を使ったイベントも企画し、地元の魅力を広める活動をしていました。

さらに、地域密着型のブランディング活動を通じて、地元の企業や店舗との協力関係を築いていましたね。

これにより、地元の活性化に貢献し、多くの人々に愛される企業となっていました。

ローカルズオンリー公式ホームページ

現在ローカルズオンリーの公式ホームページは閉じられています。

破産手続きを開始したためか内容を削除したようにも見えますね。

 

ですが、インターネットに一度出された情報を完全に削除することはむずかしいですね。

Wayback Machineというサイトにバックアップがありましたよ。

THE SUPERIOR LABOR、CURLY、セレクトショップ|ローカルズオンリー 広島県呉市 (archive.org)

破産手続きの開始

2024年5月23日、ローカルズオンリーは事業を停止し、自己破産申請の準備に入りました。

このニュースは地元の経済界に大きな衝撃を与えました。

広島県呉市に本拠を置くローカルズオンリーは、アパレルショップや飲食店の運営を行っており、地元の若者に人気がありました。

しかし、コロナ禍の影響で業績が悪化し、資金繰りが厳しくなったことが原因で破産に至りました。

破産手続きの流れ

まず、破産手続きは企業が経済的に立ち行かなくなった際に選択される法的手続きです。

ローカルズオンリーの場合、事業停止後に自己破産申請を行うことになりました。

この手続きは、企業の資産を清算し、債権者に対して公正に配分するためのものです。

具体的には、企業の資産や負債を明確にし、裁判所の監督の下で清算が進められます。

これにより、債権者への返済が行われる一方、企業は新たなスタートを切る準備が整えられます。

このプロセスは通常数か月から1年以上かかることがあります。

ローカルズオンリーの現状

現在、ローカルズオンリーは全ての事業を停止し、破産手続きの準備に入っています。

広島市で開催されていたパンイベント「パンタスティック!!」も急遽中止となり、多くの出店者や来場者に影響を与えました。

このイベントは全国から人気のパンを集めたもので、多くのファンが訪れる予定でした。

しかし、事業継続が困難になったため、急遽中止の連絡が入りました。

この影響で多くの出店者が困惑し、SNSでもその声が広がっています。

今後、ローカルズオンリーがどのように再建を進めるのかが注目されています。

地域経済への影響

ローカルズオンリーの破産は、広島県内の経済に大きな影響を与えています。

特に呉市のアパレル業界や飲食業界にとっては、大きな打撃となりました。

この会社は地元の若者に人気があり、多くの雇用を提供していました。

そのため、破産による失業者の増加が懸念されています。

また、同社が主催していたイベントも多くの集客力があり、地域経済の活性化に寄与していました。

今後、地元の経済界は新たなビジネスチャンスを模索し、再建を図る必要がありますね。

再建の可能性

ローカルズオンリーの破産手続きが進む中、再建の可能性も模索されています。

一部の関係者は、同社のブランド力を生かして新たなビジネスを展開することを検討しています。

例えば、オンラインショップの開設や、地域密着型のイベントの再開などが考えられます。

また、地元の企業との提携や支援を受けることで、再建の道が開ける可能性もあります。

重要なのは、同社がこれまで築いてきた信頼関係を維持し、新たな形で事業を再スタートさせることです。

地域社会と共に成長するビジネスモデルを再構築することが求められます。

【PR】「痩せたいけど、続かない...」そんなあなたのためのジム、それがchocozap!

痩せたいけど、なかなか続かない。そんな悩みを持つ多くの人に、革新的な解決策を提供するのが、RIZAPが全力で作り上げたコンビニジム『chocozap(ちょこざっぷ)』です。 たった1日5分のトレーニングから始めることができ、その手軽さが継続へとつながりますよ。 初心者や運動が苦手な方にもピッタリの新感覚フィットネスジムで、誰もが気軽に美と健康を手に入れることができます。

◆ chocozapの魅力とは?

  1. 手軽さとアクセシビリティ
    • 月額2,980円(税込3,278円)で、24時間いつでも使い放題。
    • すべての店舗が24時間開放。首都圏を中心に133店舗で利用可能。
    • スターターキット付き!体組成計とヘルスウォッチがセットで届く。
  2. トレーニングだけではない多彩なサービス
    • 完全個室のセルフエステやセルフ脱毛も利用可能。
    • エステサロン級の美容マシンで、BODYもFACEもケアできる。
  3. 初心者・運動嫌いでも続けやすい工夫が満載
    • 日本人の骨格に合わせた特注マシンで、初心者も安心。
    • マシンの使い方動画があり、服装自由でシューズの履き替えも不要。
  4. フレキシブルなアプリサポート
    • 自宅でもジムでも、無料アプリでトレーニングコンテンツが見放題。
    • RIZAPのトレーニングメニューに沿って、1日5分の活動で健康とダイエットの効果が期待できる。

なぜchocozapが選ばれるのか?

「痩せたいけど続かない」という課題に対して、chocozapは手軽さとアクセシビリティで答えます。 コンビニ感覚で気軽に立ち寄れるジムでありながら、専門的な設備とプログラムを利用して、本格的な健康促進と美容ケアを実現。 忙しい毎日の中でも、スキマ時間を活用して美と健康を追求することができます。 今日からあなたもchocozapで、新しい自分を発見しませんか? まずは5分から始めて、続けやすいフィットネスライフを実感してください。
スポンサーリンク