PR

葬儀場の棺から腐敗した遺体発見!?問題の葬儀場はどこ?営業は?

記事内に広告が含まれています。

愛知県のある葬儀場で、信じられない出来事が発生しました。なんと、棺の中から2体の遺体が発見されたのです。一体、何が起きたのでしょうか。

葬儀場の状況、遺体の身元、そして今後の展開について調べていきます。

追記:棺が置かれていた理由は、なんとこの葬儀場の経営者から語られていました。

その理由とは?

 

スポンサーリンク

事件の概要

皆さん、こんばんは。今回は信じられないようなニュースが飛び込んできました。なんと、愛知県岡崎市にある葬儀場から、2体の腐敗した遺体が発見されたというのです!

事件発覚の経緯

事件は1日の午前に発生しました。現場となったのは「やすらぎ葬祭六名店」という葬儀場です。近くの会社に勤める女性が「出入口のドアが開いている」と110番通報し、警察が駆けつけるという形で発覚しました。

この女性は、「昨日からドアが開いているのを見かけていた」と証言しており、何か異常が起きていることを感じ取っていたようです。警察も彼女の通報を真摯に受け止め、速やかに現場へと急行しました。

現場に到着した警察は、開けられたドアから中に入り、異臭に導かれるままに棺の存在を発見します。そこには2体の腐敗した遺体が静かに横たわっていました。

この衝撃的な発見に警察も動揺を隠せない様子で、一刻も早くこの謎を解明しようと奔走しています。私たちも続報を待ちわびています。

葬儀場の現状

しかし、問題の葬儀場には人の姿がなく、現在も営業しているかどうかすら分かっていません。この事態、一体何が起きているのでしょうか。

周辺の住民や近くで働く人々も、このニュースを聞いて驚きと不安を感じていることでしょう。私たち記者も、この葬儀場に何があったのか、調査していきたいと思います。

通報した女性の証言によれば、葬儀場のドアは少なくとも1日以上開け放たれていたことになります。このことから、事件の発覚までに何かしらの事態が発生していた可能性が高いと推測されます。

また、葬儀場の関係者との連絡が取れないことも、この事件をより謎めいたものにしています。一体彼らはどこへ消えたのでしょうか。その行方にも注目が集まっています。

 

追記:葬儀場のオーナーの聞き取りにCBCが成功したようです。

 

問題の葬儀場の場所は?

問題の葬儀場は「やすらぎ葬祭六名店」という葬儀場です。

場所はこちらです。

248号線に面したリッチの良い場所ですね。

 

ただ、あまり大きなところでは無いようです。

2022年1月にとられたストリートビューですが車が2台停まっております。
入り口は閉ざされ雰囲気はとても営業しているようには見えないですね。

 

葬儀場のHPのアーカイブ

現在、この葬儀場のHPは繋がらなくなっていますが、ウェブアーカイブがありました。

https://web.archive.org/web/20230606055423/http://www.shikisai-sato.com/yasuragi.html

こちらのサイトによると抑えめの葬儀ができる葬儀場だったようです。

 

先の経営者のインタビューでもあった通り、資金難から今は営業していないようです。

この会社は葬儀場以外にも手広く事業をされていたようですが、他の事業は現在どうなっているのでしょうか?

 

発見された遺体について

警察によると、発見されたのは2体の男性の遺体で、一人は60代から70代くらいとみられています。しかし、いずれの遺体も身元が分かっておらず、目立った外傷はないとのこと。

遺体の状態

このような状態で発見された遺体が、どうしてこの葬儀場にあったのか、謎は深まるばかりです。

遺体は腐敗が進んでおり、長い間放置されていた可能性が高いと考えられています。この状況から、事件発覚までの期間についても多くの憶測が飛び交っています。

現場の葬儀場内は非常に混乱しており、警察はさまざまな角度から捜査を進めています。遺体がどのようにしてここへ運ばれたのか、その過程についても解明が求められています。

また、遺体の身元についても謎が多く、警察は身元確認を急いでいます。彼らが一体誰なのか、なぜこのような運命をたどることになったのか、その背後にはどんなストーリーがあるのでしょうか。

調査の進行

警察は、死体遺棄事件として調査を進めています。この遺体がどこから来たのか、なぜこうなってしまったのか、早く真相が明らかになることを願っています。

今後、遺体の解剖や周辺の調査が行われる予定です。これによって、事件の詳細が明らかになることを期待しています。

解剖の結果、死因や死亡時期が判明することで、この謎を解く重要な手がかりが得られるかもしれません。警察は万全を期して捜査を進めています。

一方で、地元住民や関係者の中には、不安や恐怖を感じている人々も少なくありません。事件の早期解決が求められています。

私たちも、この事件に関する最新情報を引き続きお伝えしていく予定です。多くの人々が事件の真相を知りたいと望んでいます。

 

葬儀場の状況

さて、気になる葬儀場の状況ですが、CBCが経営者に聞き取りできています。

資金難から営業していない

通報した女性が「昨日からドアが開いていた」と話していますが、葬儀関係者とは連絡が取れておらず、営業状況も不明です。

ところがCBCが経営者にインタビューをすることが出来たようです。

(葬儀場の経営者)
「きのうも行ってみたら遺体があった。臭いがしたから遺体じゃないかなと」

遺体はいずれも男性で一部が腐敗していて、うち1人は60代から70代くらいとみられています。経営者によるとこの葬儀場は資金難で現在、営業しておらず別の業者が遺体の安置場として使っていたということです。

引用:葬儀場の経営者「昨日も行ってみたら遺体があった」 誰もいない葬儀場の棺から男性2人の遺体 一部は腐敗も – 記事詳細|Infoseekニュース

 

棺の遺体は別業者が置いていた!?

経営者によると、この葬儀場は資金難から営業しておらず、別の業者に貸し出していたということです。

発見の前日にこの葬儀場に訪れた際に腐敗臭がして棺が置かれていましたが、「遺体だろう」と通報しなかったのはこの様な事情があったようです。

別の業者が遺体の安置場として使用していたから、そこに遺体入の棺があってもおかしくはなかったわけですね。

(葬儀場の経営者)
「(別の業者が葬儀場のドライバーとして)遺体を運ぶことを始めた」

引用:葬儀場の経営者「昨日も行ってみたら遺体があった」 誰もいない葬儀場の棺から男性2人の遺体 一部は腐敗も – 記事詳細|Infoseekニュース

 

ただ腐敗していたのは問題ないのか?

遺体安置場として使うのに届け出などは必要ないのか?ということは疑問ですね。

 

経営者はお寺の住職か?

上記の経営者のインタビュー記事には経営者の姿が写真で出ています。

袈裟を着ているのでお寺の住職かもしれません。

 

経営者も昨日(おそらく10月31日)に葬儀場に来た時にも腐敗臭がしたのでおそらく遺体だろうと思ったと証言していますが、なぜその時に通報しなかったのか?が疑問です。

いつの間にか運び込まれていたという話ですが、何か知っているのでは?と思ってしまいます。

 

遺体の正体は?

ご遺体の正体・身元はわかっていませんが、案外早くわかると思います。

もともとこの葬儀場では火葬直送プランというのがありました。

それと同じような内容を別業者がやっており、一時遺体安置場としてこの葬儀場を使っていた可能性があります。

火葬式直葬プラン10万円

火葬式直葬プラン10万円
お亡くなりになられたあと、いったんご安置しそのまま火葬場でおつとめさせていただくプランです。

内容※初七日法要は含まれておりません
※通夜式ははいっておりません

  • 病院からの搬送
  • 一泊御安置
  • ホールからの火葬場搬送
  • 出棺前の寺院読経

引用:やすらぎ葬祭|四季彩の郷 (archive.org)

 

今後の展開

この事件、ただならぬ空気を感じます。

警察の捜査

警察の捜査が進む中で、これからどんな新事実が発覚するのか、私たちも目を離すことができません。

警察が迅速に事件の真相を解明し、関係者や遺族に安堵をもたらしてくれることを期待しています。

関係者の安否

葬儀場の経営者とは当初連絡が取れないと報道されましたが、その後CBCが葬儀場の経営者に話を聞くことが出来ています。

葬儀場は夜逃げか?という噂もありましたが、そのようなことはなく、資金難から営業をしていないだけでした。

その上場所を別の業者に遺体安置場として貸し出していたようです。

事件性はなさそうですが、手続きなどは大丈夫だったのでしょうか?

読者へのメッセージ

みなさんも、このニュースについてどう思われましたか?コメント欄でぜひ意見をシェアしてくださいね。

私たちも引き続き情報を追っていき、新たな発見があれば皆さんにお伝えします。

これで、今回の驚愕のニュースについての情報をお伝えしました。友人や家族との会話のネタに使っていただければ幸いです。どうぞ安全に、そして健康にお過ごしください。

スポンサーリンク