スポンサーリンク
You can translate this site. Please select your language!

【注意喚起】熱中症/脱水症を予防!急な高気温に注意!水分補給はこまめに!

注意喚起
スポンサーリンク

季節外れの高気温となっていますね!

 

急な気温の変化についていけない人も多いと思います!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

熱中症を予防しよう!

 

直射日光をさけよう!

まずは熱中症対策から!

屋外に出る場合、直射日光を避けるのが良いでしょう。

女性なら日傘は役立ちます!

男性なら帽子でしょうか。

ツバのある帽子が良いです。

日陰を多く作り出せるのが良いでしょう。

麦わら帽子なんかとても良いと思います。

 

吸水速乾の肌着もオススメ

吸水速乾の肌着もオススメです!

汗でベタつかないと言うのも快適で良いですが、効果はそれだけではありません!

速乾のと言うことは、直ぐに蒸発されるという事ですね。

水分が蒸発する時に、気化熱と言って周辺から熱を奪うんですね!

と言う事は、少し冷えるという事です!

体温を下げる手助けになるでしょう!

 

汗は拭きすぎない。

吸水速乾の肌着の利点と同じですね。

体温を下げる為に汗をかくので、その汗をキレイにこまめに拭き取ってしまうと、蒸発による気化熱の作用が得られにくくなります。

多少不快でしょうが、汗を残すと良いでしょう!

だからといって、びちゃびちゃになったままではダメです!

何事もバランスですね!

スポンサーリンク

日陰や木陰に入ろう!

日陰や木陰を活用しましょう!

かなり熱の入り方が違いますよ!

特に木陰は、植物の水分が蒸発しているので、日陰よりも清涼感がありますよ!

自然は大切にしないといけませんね!!

 

冷房を活用しましょう!!

こんな春先から冷房を使うなんて!!

真夏にどうするの!?

と、おっしゃる方がいますね?

 

真夏は真夏で考えましょう!

近年は異常気象です!

そんな取るに足らない常識(?)に囚われず、遠慮なく冷房を使いましょう!

熱中症で倒れたら元も子もないですから!!

 

出先ではスーパーが便利!

これは、お叱りを受けてしまうかもしれません。

外回りの仕事など、外での移動や作業が多い方におすすめの方法です。

ただ、お世話になるスーパーではしっかりと買い物をしてくださいね!

 

スーパーが冷房が効いてて気持ちいいと言うことではありません!

 

生鮮食品用に用意されている『氷』を少し分けてもらうのです!

 

ロールになっているビニル袋や専用の袋に少し貰ってきます。

そのまま氷嚢として活用します!

 

頭の天辺や首の後ろ、熱中症が酷くなりそうなときは、脇の下や股の間を冷やすと早く体温が下がります!

 

基本中の基本、水分補給!!

水分補給は基本です。

一度に多量に飲む必要はなく、こまめに少しずつ取ることが良いとされます!

一度に多量の水分が体内に入ると、余分な水分は尿になって出されてしまいます。

 

少しずつ入って来た水分は体内で巡るので、汗として活用されることも多くなるそうですよ!

汗は大切ですからね!

警視庁警備部災害対策課直伝!経口補水液の作り方!!

是非参考にしてくださいね!

 

スポンサーリンク

 

熱中症は怖い

毎年報道されていますが、熱中症は恐ろしい病気です!

酷いと命にかかわると言うこともありますが、徐々に熱中症になっていった場合、本人が判断出来なくなるという事です!

 

頭が回らなくなり、考えることも、現状把握することも、酷いと気がついた時には、動く事も話す事も出来なくなります!

助けが呼べないんですね!

ですから、今日は暑いな!

暑くてぼ〜〜としてきた…

などと感じる時は、直ぐに誰かに声をかけて、自分が熱中症かもししれない事を伝えてください!

そして、水分補給をしっかりして、身体を冷やし、安静にする事が大切です。

そして、動悸や悪心、手足の震えや血の気が引く感覚などがある時は、迷わず医療機関で処置してもらって下さい!

命に関わる恐れがありますので!

 

熱中症の人の特徴は?

熱中症の人は、案外自分では気付かない事があります。

それは、こもった熱で脳の働きが鈍くなり、判断力が悪くなるからですね。

 

傍から見た、熱中症の人は、

  • 顔が紅潮している(赤鬼みたいです)
  • 呂律が回らない
  • 言ってる事が支離滅裂
  • 視点が定まらない

という感じが初期段階から見られます。

ちょっと、酔っ払いのようでもありますね。

スポンサーリンク

それが進むと、

  • 呼び掛けても反応が鈍い
  • 会話が成立しない
  • 幻覚、幻聴っぽい反応がある。
  • そして呼び掛けても無反応…

くうなったら、重度の熱中症や脱水症、脳にダメージがある時なので、遠慮なく医療機関に助けを求めましょう!

場合によっては、救急車で運んだほうが良いでしょうね!

 

ですから、こまめな水分と身体を冷やす事が大切です!

 

運動会シーズンや行楽シーズンですので、みなさん、気をつけて快適に過ごしましょう!