スポンサーリンク
You can translate this site. Please select your language!

腸内カンジダと花粉症、ミヤリサンでカンジダ退治!

健康
スポンサーリンク

花粉症の季節真っただ中になりましたね。

辛い症状が本当に嫌になり春が来るのが憂鬱です。

さて、腸内環境の乱れが「花粉症」にも悪影響を与えるという事を記事にしました。

そこで、最近ひそかに注目されている「腸内カンジダ」が悪さをしていると言う事で、そちらについてまとめてみましたよ。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク

「腸内カンジダ」ってなに??

「カンジダ」って聞いたことありますか?

「皮膚カンジダ」

「膣カンジダ」

などなど・・・

「カンジダ」というものは「真菌」の一種です。

所謂『カビ』ですね。

えぇ~!!カビ!!ばっちい!

って思うかもしれませんが、

私たちの口の中や皮膚、腸、膣など、身体のあらゆる場所にカビ菌(真菌)は存在しますよ。

もちろん空気中にもカビの胞子がわずかながら飛んでいますので、食パンや餅など、色々なものが古くなるとカビてしまう訳ですね。

食パンに掌を押し付けた後、数日放置していると、手形の形にカビてくるというのは、小学生の夏休みの自由研究でも取り上げられるお題ですね。

健康な人の約7割には腸内に「カンジダ」を含む真菌がいると言われています。

案外ありふれた菌なんですね?

腸内にカンジダが増えるとどうなるの?

健康な人の約7割の腸内にカンジダを含む真菌がいると言いましたが、我々の人体において、「カンジダ」は良いものなのでしょうか??

 

残念ながら、人体にとっては良くないんですよね。

カビの生えたパンを食べるとどうなるでしょう?

具合悪くなりますよね。下痢をしたり・・・良くないですよね。

いくら腸内にいると言っても、良くないものもあるのです。

こういう菌を、「悪玉菌」などと呼んでいますよね。

「カンジダ」は普段は腸内にいても特段悪さをしないです。

というか、他の「善玉菌」が、カンジダの好きにはさせないので、悪さができないようになっています。

しかし、体調を崩したり、抗生物質を長期にわたって服用したりすると、途端に「カンジダ」が活発になり、悪さをし始めます!

「カンジダ」は腸の粘膜を壊し、炎症を起こしながら増えていきます!

そして傷ついた粘膜から、本来腸内に留められている、炎症物質や細菌、たんぱく質などが、血管に入りこみ、血流にのって体中にまき散らされ、身体のあちこちでトラブルを引き起こすことになります!

これを「リーキーガット症候群」と言います!

その体中に及ぼす影響の一つにアレルギー反応、つまり花粉症があるようなんです。

スポンサーリンク

 どうして「カンジダ」が増えるの?

「カンジダ」は腸内環境、特に「善玉菌」が減ると活発に繁殖します。

具体的には

  • 抗生物質を長期にわたって飲んでいる
  • ステロイド剤を内服中である
  • 疲れや寝不足、ストレスなどで免疫力が低下している
  • 糖分(砂糖や白米、うどんや麺類など)や加工食品をよく食べる
  • アルコールをよく飲む
  • 便秘である

と言う事が発端で、腸内の「カンジダ」が増えてしまうことが多いです。

あれ?抗生物質って菌を殺してくれる薬じゃなかった??

確かに抗生物質は、菌を殺します。

ですが、それは乳酸菌(善玉菌)や他の細菌類(悪玉菌も)殺菌します。

だけど、「真菌類」は抗生物質では殺菌できないのです!

といことは、抗生物質を長期にわたって飲むと、本来の目的の病気にさせている菌も殺菌しますが、乳酸菌などや細菌類(善玉・悪玉)も一緒に殺菌してしまいます!

善玉菌が殺菌されてしまい、腸内環境が悪くなってしまいます。

自分を押さえつける善玉菌がいなくなった「カンジダ」は繁殖をはじめ、あっという間に腸内環境を乗っ取ってしまうのです!

こと真菌類においては、抗生物質は効かないのです。

そもそも、抗生物質の一種である「ペニシリン」はアオカビが分泌する物質です。それはカビは抗生物質よりの強いですよね!

「カンジダ」に勝てる『ミヤリサン』

 ではカンジダに勝つには何が良いのでしょうか?
それが、「酪酸菌」である『宮入菌』”ミヤリサン”の出番です!
 できれば乳酸菌も一緒に摂ってほしいです。
 酪酸菌が産生する酪酸は、悪玉菌を退けます。「カンジダ」にも効果があると言われています。
 毎日ミヤリサンで酪酸菌を腸内に送れば酪酸がどんどん産生されて、悪玉菌が住みにくい腸内環境になります。逆にヤクルトに含まれる乳酸菌などの「善玉菌」が活発に働ける腸内環境になります。
 それだけでも「カンジダ」が好きに動けなくなりますので、人体に出ていた悪影響がおさまってきますよ。
[ad]

ミヤリサンで花粉症改善!?

そんなわけで、真菌すら打ち破る酪酸菌「宮入菌」のおかげで、腸内フローラのバランスが改善されていくので、免疫が正常になり、アレルギー反応(花粉症)も落ち着いてくるわけですね!

ただ、これは体質改善であるので、徐々にゆっくりと改善されていきます。

根気強く同じ時間帯に決めた量だけ酪酸菌を摂取していけば、腸内環境も良く整っていくのです!

強ミヤリサン錠 (330錠) 【医薬部外品】 ツルハドラッグ

価格:1,708円 (2019/5/6 22:02時点) 感想(39件)