スポンサーリンク
You can translate this site. Please select your language!

無印良品のボールペンの替芯。アクロインキも使える!?

便利グッズ
https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550002552909
スポンサーリンク

無印良品でボールペンの本体のみを販売しているのをご存知でしょうか?

なんとお値段30円!

この本体にお好きな色のインクを入れれば完成ということで、そのインクも無印良品では一つ60円で販売しています。

びっくりですよね!

それだけじゃないんです。

このボールペン本体の汎用性がすごいのですよ!!

なんとキャップ式本体についてはアクロインキも使えます!(笑)

では早速見ていきましょう。

スポンサーリンク
スポンサーリンク

無印ボールペンアクロインキが使える!?

無印ボールペンのキャップ式本体はアクロインキが使えます。

https://www.muji.com/jp/ja/store/cmdty/detail/4550002552909

 

使えるアクロインキは「BRFV-10」ですよ。

元々このボールペン本体の替芯はC300系と言われるレフィルです。

 

画像:JF-0.5芯

https://www.zebra.co.jp/pro/listkaesin_jelball.html

 

このような形のレフィルですね。

市販品ではSARASAシグノエナージェルなどのインクがこの形です。

長さがだいたい110mm前後となるサイズだと適合します。

 

しかし、アクロインキのBRFV-10はそれらよりも若干長いです。

 

https://www.pilot.co.jp/products/pen/ballpen/spare/oil_based/refill10/

 

細いのですが、全長115mmあります。

これでは他のボールペン本体には飛び出て入りません。

事実、無印良品のノック式ボールペン本体には入りませんでした。

しかし、キャップ式本体には入りますししっかりと使えますよ!

スポンサーリンク

アクロインキを無印良品キャップ式本体に入れよう!

では実際に入れてみますよ!

はい、この時点でおかしいですよね?

そうなんです。
無印良品のキャップ式本体はレフィルをお尻から入れるのですが、お尻側の蓋、ねじ込み式パーツにBRFV-10が刺さっております(笑)

刺さるおかげで、数mm分短くなるので、ペン先もちょうどよい感じにでてきます。

そしてノックする必要が無いキャップ式なので問題なく使えます。
むしろペンの中で、ぎっちり入っている状態なのでブレなくて書きやすくなりましたよ(笑)

【お買い得品】 パイロット 油性BPレフィルBRFV10 10 黒 BRFV-10M-B・50個までメール便可

価格:74円
(2021/9/29 19:44時点)

スポンサーリンク

まとめ

無印良品のキャップ式ボールペン本体にはアクロインキが使えることがわかりました。

ただし、「BRFV-10」だけですよ。

他の型番のレフィルは適合しません。

他にも無印良品のボールペン本体には使えるインクレフィルがあります。

多様な種類が使えるので驚きですよ!

 

本体自体はオールプラでできているため、全体的に軽くバランスも真ん中ほどですね。

ラバーグリップなどもついていないため、好みは分かれるでしょうが、加水分解したりブリードが出てベタベタになることは防げますね。

単純な構造をしていますので、汚れたら分解して洗剤でじゃぶじゃぶ洗えます(笑)

シンプル・イズ・ベストですよ!