スポンサーリンク
You can translate this site. Please select your language!

新型コロナウイルス最新情報をGoogle特設サイトで知ろう!

健康
スポンサーリンク

Googleが新型コロナウイルスの流行を受けて特設サイトを公開しました。

残念ながら英語版のみですが、最新情報を常に更新しているので、参考にすると良いと思います。

Googleはアメリカが本社なため、アメリカの情報が早いようですね。

どのような情報が掲載されているか見てみましょう!

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
新型コロナで旅行に行けないなら
せめて美味しいお取り寄せをして楽しみましょう!
50万人以上が来店した
米沢牛専門店さかの


北海道の厳選「かに」なら
かにや海産物の厳選特産品専門店

世界の感染者数がマップで見られる!

世界の感染者数がマップ表示で見ることができます。

カーソルを国の上に持ってくると、その国の感染者数が表示されますよ。

2020/03/22 21:40 https://google.org/crisisresponse/covid19-map

色が濃くなるほど感染者数が多いということですね。

 

同じページの下の方には各国の感染者数のほかに死亡者数と治った人の人数が記載されています。

また感染者数の多い順に記載されています。

 

2020/03/22 21:40 https://google.org/crisisresponse/covid19-map

 

アジア人の方が感染しやすいのではないか?とも噂されていましたが、2020/3/22時点では、

  1. イタリア
  2. スペイン
  3. アメリカ
  4. ドイツ
  5. イラン
  6. フランス

と欧米での感染者数が多くなっています。

日本ではPCR検査数が少ないことにより実態よりも感染者数が少なく報告されているのではないかという疑念も持たれていますが、現在のところ感染者数は少ないです。

 

ほかにどのようの情報が見られるの?

ほかにはGoogleの新型コロナウイルス特設サイトでどのような情報が見られるかというと

正しい情報へのリンク

トップページにはアメリカCDCやWHOへのリンクが張られています。

COVID-19(新型コロナウイルス感染症)に関する情報とリソース - Google
世界中の人々が安全に過ごし、必要なときに必要な情報を入手できるよう支援します。

 

正しい情報は発表の大元(ソース)から仕入れるのが当たり前です。

ただ、今後詐欺サイトや偽情報サイトによる詐欺行為なども考えられるため、メールやSNSで偽サイトへの誘導URLが出てくることも考えられます。

ですので正しい本物のサイトのリンクを特設サイトで貼ることで正しい情報への入り口となるでしょう。

 

新型コロナウイルスの個人対策の方法を紹介

新型コロナウイルスの安全情報と言いますか、個人でできる対応方法を紹介しています。

https://www.google.com/covid19/

当たり前のことですが、

  • こまめに手を洗う
  • 咳くしゃみは肘の内側で受ける
  • 顔を触らない
  • 人との間を空ける
  • できれば外出しない

ということですね。

感染症の予防は大体これらのことを守るだけで効果がありますよね!

スポンサーリンク

専門家による動画での解説

ほかにも専門家による動画での解説が掲載されています。

 

家でできる10の新型コロナウイルス対策(CDC)

 

自分でできる新型コロナウイルス対策(WHO)

 

 

ほかにも、外出を避けるためにテレワークを活用しようということで、そちらの紹介動画などもあります。

外出を控えたためにストレスが貯まりますよね?

そんな時は自宅でできるリフレッシュ!ヨガは如何でしょうか?

という紹介もありますよ。さすがGoogleです!

 

自宅でできる簡単な運動方法などもありますね。

 

仕事に運動と来たら、【食】ですよね!

せっかく家にいるんだから、新しいレシピに挑戦も良いですよね!

スポンサーリンク

 

寄付のお願い

あとは寄付のお願いが出ています。

https://www.google.com/covid19/

 

「COVID-19 Solidarity Response Fund」とは、

コロナウイルス(COVID-19)のパンデミックは、世界中のコミュニティに影響を与えています。その広がりを緩和し、医療施設と職員を支援し、コミュニティの回復を支援する努力は、この病気を封じ込め、阻止するために重要です。Google.orgは、2020年4月30日までに寄付する1ドルごとに、最大500万ドルの2ドルを寄付し、世界保健機関のCOVID-19連帯対応基金(国連財団を通じて)に寄付します。一緒に、750万ドルを調達し、COVID-19の拡散の影響を受けるコミュニティでのグローバルな準備と対応をサポートすることができます。

Google翻訳:https://www.google.org/crisis/coronavirus-relief/

という目的のようです。

私たちが1ドル寄付するとGoogleが2ドル追加してくれるということのようです。

国連財団に寄付されるみたいですね。

まとめ

新型コロナウイルス対策は一番はウイルスのいるところに行かないことです!

ということは一番安全なのは自宅です!

自分たちさえ消毒していれば大丈夫ですからね。

ですが日本でも学校の休校措置を行いましたので分かると思いますが、家に閉じこもるというのはかなりストレスが貯まるものです。

いつもは「学校に行きたくないな」と言っていたお子さんも今や「早く学校が始まってほしい、友達と遊びたい!」なんて言っていると思います。

 

そうストレスが貯まることが多いので、Googleではまじめな情報提供だけでなく、どのように過ごしたら良いかという情報も一緒に伝えてきています!

伝染病の封じ込めは難しいです。

日本でもそうですが、イタリアでは早い段階から都市の封鎖も行ってきましたが、感染拡大を抑えることが出来ずに、今や生活必需品以外の生産工場も閉鎖という状況まで追い込まれています。

なぜイタリアで爆発的に感染が拡大したのかは今後の検証を待つしかありませんが、日本でもいつ起こるかわかりません。

対岸の火事とせずに、良いところを見習って、悪いところを改善しながら、この未曾有の脅威から脱出しましょう!