PR

高級食パンの次はおにぎり?話題のお店はこちら

記事内に広告が含まれています。

高級食パンブームに続き、今度は「おにぎり」が新たなトレンドとして注目されています。全国で急増する専門店が織りなす、個性豊かなおにぎりの世界をご紹介しましょう。

素朴ながらも奥深い日本のソウルフード「おにぎり」。2024年、おにぎり専門店が各地に急増中です。それぞれの店舗がこだわりぬいたお米、具材、そして作り方で、私たちを新たなおにぎりの世界へと誘います。

今回は、その中でも特に注目のお店を4選ピックアップ。定番から変わり種まで、これまでにないおにぎりの魅力に触れてみてはいかがでしょうか。

手軽に食べられることから愛され続けてきたおにぎりですが、専門店ならではの創造性とこだわりが光る逸品がそろっています。一度食べたら忘れられない味わいを、ぜひ体験してみてくださいね。

スポンサーリンク

オープン1時間で完売!『おにぎりそれとみそしる』の人気

『おにぎりそれとみそしる』は、東京都江東区にあるおにぎり専門店で、その人気ぶりはオープンからたった1時間でおにぎりが完売するほどです。

この店の一番の魅力は、新潟県産のコシヒカリを使った「梅おにぎり」にあります。素材の良さを最大限に活かしたこのおにぎりは、冷めても美味しく、多くの人々を虜にしています

店主の手作りによる、温かみのあるおにぎりは、食べる人の心をも温かくします。梅の酸味とお米の甘みが絶妙にマッチしており、食べた人を幸せな気持ちにさせてくれるんですよ。

こんなに美味しいおにぎりが、たったの100円で手に入るなんて、驚きですね!

『おにぎりそれとみそしる』のこだわり

この店のおにぎりは、新潟県下田産のコシヒカリを使用しています。コシヒカリは粘りが強く、冷めても美味しいのが特徴です。

中に入っているしそ漬けの梅は、お米の甘みと絶妙に調和し、素朴ながらも深い味わいを生み出しています

店舗情報

おにぎりそれとみそしるは、東京都江東区南砂4-3-12に位置しています。梅おにぎりは100円と、とてもリーズナブルです。

手軽に日本の味を楽しめるこの店、訪れた際は是非「梅おにぎり」を試してみてくださいね。

 

『AKOMEYA TOKYO in la kagū』のおにぎり御膳

神楽坂にある『AKOMEYA TOKYO in la kagū』では、その名も「おにぎり御膳」が大人気です。この御膳には、ごま油と山椒の焼きおにぎりと塩昆布の生姜おにぎりの2種類が楽しめますよ。

使用されるお米は「きぬむすめ」という品種で、おにぎりにぴったりの食感を提供します。ヒノキの型を使用しておにぎりを成形することで、余分な水分を取り除き、よりおいしいおにぎりを実現しています

また、2023年に好評だった「おにぎり道」フェアの第2弾が2024年4月4日まで開催されていて、おにぎりに合う様々なお米や具材が販売されているそうです。おにぎり愛好家にはたまらないイベントですね

この「おにぎり御膳」は、1200円で提供されており、日本の伝統的な食文化を楽しみたい方にぴったりのメニューですよ。

『AKOMEYA TOKYO in la kagū』の特徴

『AKOMEYA TOKYO in la kagū』は、日本の食文化を大切にする店として知られています。お米を中心に、こだわりの食材を使用した商品を多数取り扱っています

店内では、お米に合わせた様々な料理が楽しめるため、お米の新しい魅力を発見できるかもしれませんね。

店舗情報

『AKOMEYA TOKYO in la kagū』は、東京都新宿区矢来町67にあります。おにぎり御膳は1200円で提供されており、リーズナブルな価格で本格的な日本の味を楽しめます。

神楽坂を訪れる際は、ぜひこのお店に立ち寄ってみてはいかがでしょうか。心温まるおにぎりと共に、素敵な時間を過ごせることでしょう

AKOMEYA食堂 神楽坂|AKOMEYA TOKYO

 

『手巻き MAHOROBA』の焼鯖ほぐし

渋谷区広尾にあるおにぎり専門店『手巻き MAHOROBA』では、特に焼鯖ほぐしが人気を博しています。炭酸水と昆布で炊き上げたご飯の上に、ふっくらとした寒鯖を丁寧にほぐして乗せるこのおにぎりは、香ばしさと大葉の爽やかな風味が絶妙にマッチしています

『手巻き MAHOROBA』では、手作業による丁寧な調理法で、一つ一つのおにぎりに温もりを込めて提供しています。一度食べたらその味わいの虜になること間違いなしですよ

このおにぎりは、日本の美味しい寒鯖を使用しており、そのジューシーさと香ばしさが口の中で広がります。

おにぎり一つ一つに込められた手間ひまと愛情を、ぜひ実感してみてくださいね。

おにぎりの特徴

『手巻き MAHOROBA』の焼鯖ほぐしは、炭酸水と昆布でふっくらと炊き上げたご飯を使用しており、米一粒一粒の甘みと昆布の旨味が感じられます。

その上に乗せられた寒鯖は、手作業で丁寧にほぐされ、大葉とごまで味付けされています。この組み合わせが絶妙な味わいを生み出しているんです

店舗情報

『手巻き MAHOROBA』は、東京都渋谷区広尾5-13-6 ARISTO広尾 3Fにあります。焼鯖ほぐしのおにぎりは、一つ374円で提供されています

美味しいおにぎりを求めている方は、ぜひ一度足を運んでみてはいかがでしょう。心を込めて作られたおにぎりが、あなたを待っていますよ

手巻き MAHOROBA TOKYO Hand Roll – 広尾/バル/ネット予約可 | 食べログ (tabelog.com)

 

『茶房 オクノシブヤ』の親子おにぎり

『茶房 オクノシブヤ』は、かき氷で人気を博しているお店ですが、そのおにぎりも非常に評判がいいんですよ。特に「鮭と筋子の親子おにぎり」は、一日に100個売れるほどの人気商品なんです。

このおにぎりには、千葉県産のコシヒカリが使用されていて、その上には築地から仕入れた新鮮な鮭と筋子がトッピングされています。細かく刻んだ筋子がご飯によくなじみ、鮭の塩気と筋子の旨味が見事にマッチしているんです

言葉では表現しきれないその美味しさ、ぜひ一度ご自身の舌で確かめてみてくださいね。まさに親子の絆のような深い味わいを楽しめますよ

お米の甘みと海の幸の旨味が合わさったこのおにぎりは、お食事としてはもちろん、ちょっとしたおやつにもぴったりです。

親子おにぎりの魅力

鮭と筋子の組み合わせは、日本の食文化の中でも特に親しまれている組み合わせの一つ。鮭のほどよい塩気と筋子のプチプチとした食感が、ご飯と組み合わさることで格別の味わいを生み出しています

さらに、千葉県産のコシヒカリを使用することで、お米本来の甘みともちもちとした食感が加わり、より一層の美味しさを引き立てています。

店舗情報

『茶房 オクノシブヤ』は、東京都渋谷区神山町7-15 ホワイトハイム大嵩 102に位置しています。鮭+筋子トッピングの親子おにぎりは、450円で提供されています

渋谷区にお越しの際は、ぜひ『茶房 オクノシブヤ』に立ち寄って、その他のメニューとともに親子おにぎりをお楽しみください。心温まるお食事のひとときをお約束します

 

おにぎりの新たな可能性を広げる専門店たち

最近、日本全国で急増しているおにぎり専門店たちは、ただの「食べ物」を超えた存在感を放っています。一つひとつのおにぎりが、まるで芸術作品のように丁寧に作られ、それぞれの店主の強いこだわりと愛情が感じられるんですよ

使用されるお米や具材の選び方、おにぎりを形成する技術など、細部にわたるこだわりが、おにぎり一つ一つに生きています。それぞれのおにぎりには、その店ならではのストーリーやコンセプトが込められているんです

高級食パンブームに続き、おにぎりもまた、日本の食文化に新たな風を吹き込んでいます。これらの専門店が提案する、個性豊かなおにぎりの世界をぜひ体験してみてください

おにぎりひとつで、こんなにも幅広い味わいや楽しみ方があることに、きっと驚かされるはずです。

おにぎり専門店の特徴

これらのおにぎり専門店では、伝統的なおにぎりから革新的なフレーバーまで、幅広い種類のおにぎりを提供しています。それぞれのおにぎりが持つ独自の味わいは、店主の創造力と技術の賜物です

また、季節ごとに変わるメニューや、地域限定の特別な具材を使用したおにぎりもあり、訪れるたびに新しい発見があるかもしれません。

おにぎりを通じて伝えるメッセージ

おにぎり一つ一つに込められたメッセージやストーリーは、食べる人の心を動かします。おにぎりを通じて、食材の大切さや、食べる楽しみを再発見できるかもしれません

食文化の新たなトレンドとして注目されるおにぎり専門店。その魅力をぜひ味わってみてはいかがでしょうか。あなたのお気に入りの一品が見つかるかもしれませんよ

 

まとめ

高級食パンブームに続き、「おにぎりブーム」が到来しています。全国に急増するおにぎり専門店では、従来のイメージを覆すような個性的で創造性豊かなおにぎりが数多く生まれています。

今回紹介した4店舗はその一例。一つひとつ手作りされるおにぎりには、店主の熱い思いが込められています。日常の小さな幸せを、ぜひおにぎりから見つけてみてはいかがでしょうか。

新しい食のトレンドを追い求める方も、シンプルながら深い味わいを楽しみたい方も、話題のおにぎり専門店を訪れてみてくださいね。きっと、あなたのお気に入りが見つかるはずですよ。

スポンサーリンク