スポンサーリンク
You can translate this site. Please select your language!

自転車保険の加入義務化へ!?加入方法は?自転車の事故とマナーの悪さが目立つ…

スポンサーリンク

最近たまに報道でも見聞きするようになりました自転車による交通事故。

 

報道されていないだけで、日本全国・津々浦々で毎日自転車事故が起きています。

 

自転車は、身近にあり過ぎて。

そして子供から乗っているので、危険な物とは考えていない人が多いですね!

 

精々、転んだりぶつけた位だと、酷くて骨折。

軽いと切り傷や打撲程度で済むと簡単に考えていませんか?

まぁ、当たりどころが悪かったり、自動車が絡む事故になれば命に関わる事もあるのは、分かっているでしょうが……

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク
新型コロナで旅行に行けないなら
せめて美味しいお取り寄せをして楽しみましょう!
50万人以上が来店した
米沢牛専門店さかの


北海道の厳選「かに」なら
かにや海産物の厳選特産品専門店

自転車保険が注目されているのは

自爆事故では、自転車に乗っている本人は、自分の運転ミスとかスピードの出し過ぎと言うことで納得できるでしょう。

ですが、最近注目され、自転車保険への加入を義務化させている状況は、

 

自転車 × 歩行者

 

の事故が増えているからです。

 

身近過ぎる自転車。

子供の遊び道具の自転車。

 

と言うことで、軽視されがちですが、人をハネた場合、命に関わる大事故につながります!

 

スピードも簡単に20km/h位は出ます。

30~40km/hを出す人もいますね。

 

そんなスピードで歩行者にぶつかったら………

 

かなり吹っ飛びます。

そして吹っ飛ぶと頭を打つ事が多くなります!

命に関わる重大な事故です…頭を打てば、命が助かったとしても、障害が残る事も多いです。

 

そんな事故が起こらないように安全運転をこころがけてほしいですが、起きてしまえば…

自転車に乗っている方は加害者になります。

被害者に対し賠償を行わなければなりません……

 

金銭で解決するしか無いので、訴えられますが…過去には

9000万円の賠償金と言う判決が出た事も!!

ただ、珍しいことではなく、数百万円〜数千万円の賠償金が請求される事が多いです!!

 

万が一の時、支払えますか?

 

そして万が一、貴方や貴方の家族が被害者になった時、相手(加害者)がその様な金額を払えると思いますか??

 

今までは、泣き寝入りも多かったと聞きます。

だって、そんな大金払えないですものね?

 

だからこそ、自転車に乗る者の最低限の誠意と万が一に備え、

 

【自転車保険はの加入】

 

が望ましいのです!

保険によっては、個人賠償責任として、

上限金額3億円

と言う保険もあります!

 

しかも保険料は、

年額 3,000円前後〜

です!

 

年額でですよ!

 

お子さんが起した自転車事後のケースも増えています。

 

安心して自転車を楽しむ為にも、自転車保険の加入をオススメします!

スポンサーリンク

 

実際の自転車事故の判例

自転車事故を起こしてしまい、歩行者をハネてしまった事故は後を断ちません!

そんななか、一部報道された、賠償金と自己内容をご紹介します。

 

男子高校生が昼間、自転車横断帯のかなり手前の歩道から車道を斜めに横断し、対向車線を自転車で直進してきた男性会社員(24歳)と衝突。

男性会社員に重大な障害(言語機能の喪失等)が残った。

(東京地方裁判所、平成20年6月5日判決)

賠償金額 9,266万円

 

 

男子小学生(11歳)が夜間、帰宅途中に自転車で走行中、歩道と車道の区別のない道路において歩行中の女性(62歳)と正面衝突。

女性は頭蓋骨骨折等の傷害を負い、意識が戻らない状態となった。

(神戸地方裁判所、平成25(2013)年7月4日判決)

賠償金額 9,521万円

 

このように、お子さんが起こした事故でも大変な賠償金の請求が来ます。

そんなに勢いよくぶつかったつもりが無くても、転び方が、当たりどころが悪いと、重篤な状態となります。

 

自転車は軽車両に分類されます。

十分な凶器になることを覚えておきたいです。