スポンサーリンク
You can translate this site. Please select your language!

【年末ジャンボ宝くじ2019】10億円が当たったら税金は!?気をつけなきゃいけないこと!

宝くじ
PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像
スポンサーリンク

一生に一度は宝くじで高額当選をしてみたいですよね!

私はいつ当たってもいいように、みずほ銀行に専用の口座を作っております。

高額当選したら、みずほ銀行の別室に連れて行かれて、説明を受け、当選金額をどうするかと聞かれると言います。

その時に、大金ですから持ち運びは大変です。

一番簡単で安全なのが、銀行口座に振り込むこと。

そして、今いる場所は、みずほ銀行の特別室(応接室でしょうけど)!

「では、みずほ銀行に口座を作って振り込みましょう」

ということになることが多いようです。

ですので、手間を省く為に、私はみずほ銀行の口座を、通帳を作ってあります!

いや〜〜、もう当たったも当然ですからね!!

(通帳残高いまだに0ですけど・・・)

 

冗談はさておき、高額当選をしたなら気をつけて欲しいことがあります。

それは税金に関してですね!

(知らない親戚が増える問題とか、自称慈善団体から寄付金を求められまくる問題とかは私では荷が重すぎます(笑))

気をつけないと高額な税金がかかってしまいますよ!!

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

宝くじの当選金に税金はかかる??

Alexas_FotosによるPixabayからの画像

10億円ですからね!!

税金が一体いくらかかるかわかりません!

半分くらい税金で持って行かれるんですか??

 

 

なんて心配は杞憂です。

ご安心ください。宝くじの当選金額には税金がかかりません!!

当選した本人には税金がかからないのです!!

そう本人には・・・・

 

意味深な言い回しになっていますね。

そうなんです。

”当選した本人”は税金がかかりません。

スポンサーリンク

宝くじの当選者本人には税金はかかりませんが・・・・

良くあるお話ですが、

PexelsによるPixabayからの画像

「10億円当たったら、両親に家を買ってあげて、その上1億円ほどあげよう!
兄弟姉妹には1億円ずつかな。
あとは子供達の名義で通帳を作って1,000万円ずついくつかの通帳に分けて入れておこう!
私達夫婦には4億円ほど残ればいいや。妻に2億円私が2億円で良いだろう!
あ!あの設備に投資すれば、私の会社も収益が上がるぞ!よし検討してみよう!!」

なんて考えですね。

親孝行で、兄弟姉妹仲が良く、お金をふやすことも忘れず自営業の設備投資にも余念がありません。

一見すると良いお話ですが・・・思わぬ落とし穴が隠れています。

 

当選金額には税金はかかりませんが・・・

ケース1 両親に家を購入

giovanni gargiuloによるPixabayからの画像

両親名義で家を購入した場合、お金の出所が貴方なので、贈与(?)になるそうです。

簡単に言いますと、その税金がかかります。

いくらかかかるかは・・・税理士にご相談ください。

 

ケース2 両親に1億円をあげる!

PublicDomainPicturesによるPixabayからの画像

これは贈与です。大金なので両親の通帳に送金しますよね?

思いっきり税金がかかります!

翌年に請求が来るのかな?

全て使ってしまっていると・・・多額の税金が払えますか??

生前贈与は遺産相続より税率が高いですしね。

当選金が税金で目減りしていきますね・・・・

 

ケース3 兄弟姉妹に1億円ずつあげる

Maklay62によるPixabayからの画像

これも、ケース2と同じ贈与になりますので、思いっきり税金がかかりますよ!

ケース1と同じで車やマンションなど不動産に変えてからあげても、贈与です。

税金が掛かってきますね。

 

ケース4 自分の子供の名義の通帳に入金

rawpixelによるPixabayからの画像

自分のお金を移しただけじゃん!

と思うでしょうが、残念ながら贈与になります。

金額が大きすぎるので特にバレます。

税金がかかりますね〜〜

ケース5 妻に2億円渡す

Maklay62によるPixabayからの画像

はい、これもみなさんわかってきましたね!

贈与になるので税金がかかりますよ。

ただし、当たった本人の口座に預けて置くならばセーフかもしれません。

ケース6 自分の口座に2億円入金

rawpixelによるPixabayからの画像

これは当選者本人なので、2億円入れようと4億円入れようと、税金はかかりません!

ご安心ください!

 

ケース7 自営業の会社の設備投資に使う

PexelsによるPixabayからの画像

これも場合によって税金がかかります。

会社の方にですね。

そのまま当選金の一部を使って設備を新調したり、機械を購入したりすると、経理上で雑収入の欄に当選金から充てた金額が計上されると思います。

それだけ、会社の収入があったと見なされるので、決算がおかしなことになりますよ!

ですので、会社の方で税金が増える可能性が高いです。

 

 

宝くじの当選金って税金がかかるのね!?

rawpixelによるPixabayからの画像

そうですね。

ここまでみてきたケースですとほとんどのことが税金がかかる可能性が高いですね!

せっかく高額当選しても夢がしぼむ一方です。

なんとかならないものでしょうか??

 

実はあるのです!

 

当選証明書って知ってる?

宝くじで高額当選すると「当選証明書」というものがみずほ銀行からもらえるそうです。

これは、「貴方が確かに宝くじに当選して、高額なお金を手に入れましたよ!その金額がこれくらいですよ!」と公的に証明してくれる書類です。

絶対に無くさないでくださいね!

 

きちんと申告をしていても、急激に銀行口座の残高が増えますので、税務署に睨まれることもあるそうです。

その多額のお金はどうしたのか?と。

きちんと税務申告を行なっているのかと怪しまれることも稀にあるそうです。

そんな時に効果を発するのが「当選証明書」ですよ!

 

この「当選証明書」があれば、その多額のお金は宝くじ当選によるものだということを証明してくれるのです。

これで税金はかからなくなりますね!!

スポンサーリンク

宝くじで高額当選してご家族で分ける予定のある人は・・・

White77によるPixabayからの画像

先ほどのケーススタディでわかりました通り、家族に当選金を分配すると贈与になり税金がかかる可能性が高いことがわかりましたね。

ではどうしたら良いのか?

 

高額当選をしたら家族で分ける予定のある人は、

当選したら、家族での共同購入ということで、人数分の「当選証明書」をもらってください。

高額当選した宝くじを持ってみずほ銀行に行ったら、

「家族全員で共同購入しました。どうしたら良いですか?」

と聞けば優しく教えてくれますよ!

 

これで全員が当選者です!

『宝くじの当選者本人には当選金の税金がかかりません』

ということですので、これで安心ですね!

税務署に聞かれても、「当選証明書」があれば大丈夫です!

 

ただ自分の会社の事業に使う場合は、勝手が違いますので、税理士さんや会計士さんなどのプロにご相談くださいね。

何か良いことを教えてくれるかもしれませんよ。

まとめ

宝くじの当選金については、当選者本人には税金はかかりません!

当選者から家族などに当選金を分配した場合は贈与となり税金がかかる可能性が高いです。

車などの物やマンションなどの不動産に変えて渡しても贈与になりますので税金がかかります。

 

 

はじめから、当選金を家族などで分けるつもりだったら、みずほ銀行に高額当選の宝くじと当選金を分けるつもりのある人たちで共同購入した旨を伝えましょう!

そして、人数分の「当選証明書」をもらうようにしましょう!

当選金を共同購入した人たちで分けるのは当たり前のことであり、全員が当選者なので、当選金には税金がかかりません!

 

これが当選金に税金がかかるという情報と、宝くじの当選金は税金がかからないという情報がごちゃごちゃになっている原因ですね。

正しく知って入れば問題がないです。

わからないことがあれば、素直にみずほ銀行の対応してくれた方に聞くのが一番です!

 

せっかく高額当選した当選金です!

有意義に使ってくださいね!

 

<PR>日本一当たる宝くじ売り場西銀座チャンスセンターで宝くじを代行で購入します!
貴方に夢と幸せを!!

 

貴方に宝くじの高額当選券が巡り会うことを心より祈っております!!