スポンサーリンク
You can translate this site. Please select your language!

「ビックリマン」初舞台化って!?ビックリマン懐かしいぞ!

芸能
スポンサーリンク

皆さんは「ビックリマン」をご存じだろうか?

80年代に大人気で社会現象にまでなった食玩です!

キャラクターシールが付いた、チョコウェハースのお菓子ですね。

私も子供の頃たまに買って貰って食べました。

美味しいんですよね!!

チョコの中にクラッシュされたピーナッツが入っていて美味しかったです。

今でもたまに食べたくなって、似たようなお菓子を買ってきます。

 

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

「ビックリマン」が舞台化!?

今になって急に「ビックリマン」が舞台かされるそうですよ!

確かに、ビックリマンはキャラクターシールが始まりでしたが、一応ストーリーの様なものがありました。

 

ビックリマンシールのストーリーは?

天使族と悪魔族の戦いだったでしょうか?

シールの種類は、天使と悪魔とお守りの3枚1組で各12種ずつありました。

2ヶ月ごとにバージョンチェンジがされていき、新しいキャラクターがどんどん増えていきましたね。

シールのデザインも、悪魔は寒色系の地味な色合いで、お守りは透明なシール、天使はキラキラと光っており、悪魔の4分の1の割合しか封入されていないレア度の高いシールでした。

また、1箱(40個入り)に1・2枚しか入っていない更に貴重なヘッドというレアシールが存在していて、コレが欲しいために大量に買っていた人もいましたね。

 

ストーリーは、ビックリマンシールが人気が出てからコロコロコミックで漫画化されて詳しく分かってきました。

またシールの裏に解説などが書かれているため、集めたシールで独自のストーリーも感じられ非常に熱中していましたね。

アニメ化も何度かされています。

レアなヘッドシールを紹介している動画を見つけました!
懐かしいですね!!

 

 

スーパーゼウスやヘッドロココが活躍し、天聖界と天魔界が新天地「次界」を巡って争いあうというストーリーの「旧ビックリマン編(次界編)

ピア・マルコと仲間たちがその後の次界を救うために冒険し、のちに新世界「新河系」を創造するというストーリーの「新ビックリマン編(マルコ編)

そして神帝の子孫達が異世界「パンゲラクシー」で2つの勢力に分かれて戦う「パンゲ編」というように話しが進んでいきます。

 

ダジャレめいたキャラクター名と神話のようなストーリーでアニメ化や漫画化も手伝って日本中が熱狂していた時代がありました。

 

ビックリマンのアニメもあったぞ!

ビックリマンのアニメ第一話が公式で公開されていました!

当時の王道アニメ路線ですよね。

 

スーパービックリマンというアニメもやっていましたね!

 

ゲームかもされていましたよ!人気のほどが伺えますよね!

 

「ビックリマン」が舞台に!?

そのビックリマンが舞台化されるということですので、ビックリですよね?

最近またビックリマンシールの話題が出て来ています。

当時のヘッドシールは今も高値で取引されていますしね。

 

最近では色々な所とコラボして、ビックリマンチョコを販売しています。

昔は30円で買えたのになぁ・・・

 

まぁそんなことは置いておいて舞台ですが、ストーリーは、

 

 舞台『ビックリマン ~ザ☆ステージ~』は今作のためのオリジナルストーリーで、子供の頃ビックリマンに夢中になっていた父親が、自分の息子にもぜひ興味を持ってもらいたいとビックリマンミュージアムに連れて行くことがきっかけで、一家は大きな事件へと巻き込まれていく。歌やダンス、迫力満点のアクションシーンなども取り入れ、よりリアルな世界観を再現する予定だ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191024-00000345-oric-ent

 

現代のリアルな親子の休日から驚きの事件へと巻き込まれるというオリジナルストーリーです。

 

 

当時ビックリマンシールに夢中になっていた世代が今はアラフォー世代ですからね。

子供に

「昔ビックリマンって言うのがあってな!凄い人気だったんだぞ!懐かしいなぁ」

なんて言う世代でしょうか。

 

どのような舞台になるのか?楽しみですね!