スポンサーリンク
You can translate this site. Please select your language!

暗号通貨とは?今から間に合う?仮想通貨。

暗号通貨
スポンサーリンク

皆さん、ビットコインって知ってますよね?

聞いた事もあると思います。

昨年に1コイン200万円を超えて話題になりましたよね?

 

そこからの大暴落で40万円を下回るほどになったと言うことで損をした人も多いと思います。

実態がつかめず怖いなと思っている人も多いでしょう。

ではそもそも暗号通貨(仮想通貨)とは何なんでしょうか?

まずはそこからわかりやすく知っていきたいと思います。

 

スポンサーリンク

暗号通貨(仮想通貨)とは?

暗号通貨とは?

困った時のWikipediaですよね!

最近は百科事典よりWikipediaです。

暗号通貨(あんごうつうか、英: cryptocurrency, crypto currency)とは、暗号理論を用いて取引の安全性の確保、およびその新たな発行の統制をする仮想通貨である[1]。ビットコインがその先駆けであると同時に、代表例である。

暗号通貨は代替通貨のひとつであり、特にデジタル通貨のひとつでもある。数多の暗号通貨が作られてきたが、それらの呼称には bitcoin alternative(ビットコインの代替)から来る造語の altcoin(オルトコイン)がよく用いられる[2][3][4]。

暗号通貨の統制は分散化されており[5]、集中化されている電子マネーや銀行システムとは対照的である[6]。この分散化された統制はビットコインの分散型台帳ブロックチェーンという取引データベースの使用に関係している[7]。

Wikipediaより

 

よく分からないですよね?

イメージしやすくしますと、(完全な正解では無いですが)

 

皆さんSuicaやnanaco、Waonなど電子マネーは使ったことがありますか?

最近ではPayPayなどが有りますよね?

これらが電子マネーと言われるのは、現金(紙幣や硬貨)を預けて電子的に取引が出来るようになっているからです。

オンラインでつながっており、私たちが電子マネーで買い物をすると、自分のSuicaカード等にヒモ付けされている番号(口座?)に記録されている日本円の残高から必要な金額の数字が引かれると言うものです。

 

日本では日本円がお金として使えますよね?

この日本円を例えば『ビットコイン』にしたのが暗号通貨(仮想通貨)というものです。

 

もともとビットコインは、簡単に言いますと

「何処の国にも縛られず、自由な取引が出来る通貨」

として開発されました。

 

基本的に通貨は、所属する国が管理し、その価値を担保しています(簡単に言うと)

日本円は日本でしか使えないですよね?(海外でも安定していると言うことで人気ですが)

 

例えば今はないですが、ギャグとして使われていた「ジンバブエドル」。

インフレが進みすぎて、ジンバブエでは2008年に5000億%のインフレになりました。

約300兆ジンバブエドルにつき、1円程度にしかならない計算になるほどです。

このマイナーなジンバブエドルという通貨は日本ではネタにはなっても買い物は出来ませんでしたよね?

 

ここまで極端な例は必要なかったですが、身近なアメリカドルでも日本のお店で買い物は出来ませんよね?

 

暗号通貨が仮想通貨と言われたのもそこに理由があります。

まだまだ間に合う!仮想通貨取引は
GMOインターネットグループの【GMOコイン】


なんで”仮想”通貨と呼ばれたの?

なぜ”仮想”と呼ばれたのか?

それは実際の商取引(買い物)で使えなかったからです。

紙幣も硬貨もないバーチャルな通貨、電子データでしかない数字だけのものだったからです。

 

開発者はなぜそのような物を作ったのか?

 

それは1つには国際的な商取引の利便性向上の為です。

現在は国際的な商取引では為替を通して、

円 ⇔ ドル

と交換して取引をしています。

 

その為に一昔前では日本の銀行からアメリカの銀行へと送金するのに、手続き等で1〜2週間かかるのだとか…

為替も常に変動しているので、そんなに時間がかかると損得も出るようでして、商取引ではスピードが重要ですからね。

 

そこで、世界中がインターネットでつながり、瞬時に情報がやり取りできるようになった現代において、この国際的なお金のやり取りを改善しようと開発されたのが仮想通貨(暗号通貨)です。

 

暗号化技術で通貨の役割りに

ただし、ネット上で数字のやり取りをすると当然悪いことを考える人が出ますよね。

自分の口座の数字を不正に操作して多くするとか、人の口座の数字を自分のものにするとか…

そんなことを考える人は当然出てきます。

 

そんなことをやらせない為に暗号化技術を開発しました!

 

ただ情報を暗号化するだけですと、いつかは何処かの天才に暗号を解かれてしまいます!

もとの暗号を作ったのもヒトですからね。

 

そこで考えられたのが、みんなで監視をしよう!というもの。

【ブロックチェーン】

と言うものです。

 

ビットコインの取引をするなら、その取引の記録をつけなければなりません。

「AさんからBさんに1コインを送りましたよ。」

「Bさんは、Aさんから1コインを受け取りました」

 

と言う事を正確に記録する必要があります。

 

では誰が記録するのか?というのが問題になりますよね?

 

日本円ですと、銀行が記録してくれます。通帳に記載されますよね?

ビットコインはというと、

「私が記録します!」

という人が世界中に沢山いるのです!

その有志のオンライン上にあるコンピュータがビットコインの動きをそれぞれに記録して監視しています。

その中で確定的に取引を代表して記録するコンピュータが出ます。

その記録を他のコンピュータたちが確認し監視していますので、不正な記録があると、他のコンピュータたちが訂正していきます。

 

この辺の技術は難しいので、大雑把なイメージで勘弁してください(笑)

 

それで、代表して記録した人には手数料というかご褒美がビットコインで貰えます。

ただ記録するだけで、ビットコインが貰えたのです!

これを【発掘】と読んでいました。

現在では個人で【発掘】することは不可能に近いですが…

まだまだ間に合う!仮想通貨取引は
GMOインターネットグループの【GMOコイン】


暗号通過は安全なのか?

ビットコインが開発されてから現在までにおいて、暗号を破られて不正に数字を変えられたりと言うことはおきていません。

十分に通貨として活用できると言う信用は勝ち取ってきました!

 

現代の国際社会において、暗号通貨の利便性(送金など)は、今後の地球規模の発展では無くてはならないものになります。

ですから、ここまで話題になり、大企業が投資し、社会に浸透しようとしています。

 

現在日本では、まだまだ投資目的の物ではありますが、徐々に実際に“使えるお金”としての広がりを見せています。

既にビックカメラでは、ビットコイン決済が利用できるようになっていますよ!

 

TSUTAYAポイントをビットコインに交換できるサービスも始まる予定だとか。

 

Amazonや楽天市場などネット通販も完全に浸透しましたよね?

今後は海外ネット通販も浸透していくと思います。

既に中国のアリババが運営するAliexpressやサプリメントに強いアメリカのiHerbなどの海外通販を利用している人も多いですよね?

 

その決済が暗号通貨にかわっていく可能性は高いと思いますよ!

まだまだ間に合う!仮想通貨取引は
GMOインターネットグループの【GMOコイン】


まとめ

暗号通貨に手を出すのはまだまだ遅くないです!

むしろこれから!ですよ!

 

投資目的で億万長者というのは難しいですが、個人レベルの買い物にも使える、浸透してくる可能性は高いです!

今のうちから、暗号通過のことを知っておいて、来たるべき日に備えましょう!(笑)

 

まだまだ間に合う!仮想通貨取引は
GMOインターネットグループの【GMOコイン】


オンラインゲームでお小遣い稼ぎ☆